本文へスキップ

小さな工事でも気軽にご相談いただける会社作りを目指しています。

電話でのお問い合わせは0120-30-6433

〒596-0808 大阪府岸和田市三田町922番地

STAFF紹介real estate


代表取締役 社長

沼田 隆繁 (ぬまた たかしげ)

生年月日... 1967年12月6日
家族構成... 妻と長女・息子2人の5人家族+愛犬

趣味...   絵を描くこと。将来、山奥にログハウスのアト
      リエを作り愛犬と一緒に自給自足しながらのん
      びり絵を描いて暮らせたら幸せです。

     


平成3年(24歳の時)に知り合いの建築会社社長に誘われアメリカ・シアトルで輸入住宅(2×4住宅)

の視察・勉強会に参加することになり、モダンでおしゃれな住宅に触れ「こういう家を自分でも建てたい」

それが建築会社を立ち上げたきっかけです。


20年以上お付き合いさせて頂いている幼稚園の理事長から依頼を受け、二宮尊徳像の新設工事を行いま

した。それに伴い、改めて『二宮翁夜話』を読み直しそこに書かれている『己をうやうやしく正しく南面

するのみ』という起業当時の心得を再認識することができました。

「己をうやうやしくする」というのは、自分の品行を謹んで堕落しないことをいい「南面するのみ」とい

うのは、一途に心を傾けて他のことを思わずということです。

二宮尊徳は「勤労」人は働くことによって、生産物を得て生きていくことができ、また働くことを通して

知恵を磨き、自己を向上させることができると説き「積小為大」小さな努力の積み重ねが、やがて大きな

収穫や発展に結びつくと教えています。小事をおろそかにする者に大事が果たせるわけがないということ

です。

中でも第109夜の『損して得する』という教えは私が1番心に留めている教えです。

空腹時よその家に行って「どうか飯を恵んで下さい。庭を掃きますから」と言っても、おそらく飯は食べ

させてはくれんだろう。それよりも空腹を我慢し、まず庭を掃けば一飯にありつけるかもしれぬ。これが

「己を捨て人に従う」というやり方だ。と二宮尊徳は弟子に話しています。

こうすれば儲かるだろう、ああすれば得になるだろう、など世間の悪い風習に流されて、建築工事業の本

領を誤ることがないよう私も努力し続けていきたいと思っております。


今後も株式会社マーシュはお客様から信頼・必要とされる事業経営を継続し、日々精進していきたいと考

えております。これからも温かいご指導よろしくお願い致します。